幼い頃、人は無意識のうちに

 自分の未来の生き方の脚本を書く

    〜アメリカの心理学者エリック・バーン〜

 

 

「どう考えるか?」が、行動に影響を与え
その行動によって、人生がつくられます。

 image351311.png

思考が人生をコントロールしていると言っても

過言ではありません。

誰もが無意識下で持っている、人生のシナリオ

それ『人生脚本』といいます。

 

 なぜ、自信を構築しにくいのか?

 

 なぜ、コミュニーションが上手くいかないのか?

 

 なぜ、自分を受け入れることが難しいのか?

 

全てに意味があります。

 

『人生脚本』の中には、あなたの人生に関する

あらゆることが記されているのです。

 

セルフケア講座ライトでは、未来の生き方に影響を与える

『人生脚本』をひも解く技術を学びます

 

また実際に、受講生の人生のシナリオ≠熄レしく解読していきます



 自分を知ることは

 人生を切り開く力を手に入れること



人生を変えるためのスキルを学び

seizi5.png

自己変革≠も起こす心理学講座。

 

講座を重ねていくごとに

『変化していく自分』を体感することが出来るでしょう。

 

 

 

 

hajimete.png

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜ『心理セラピスト講座』で人生が変わるのか?

自分の個性(性格)が明確になる

感情のコントロールが上手になる

理解し合える仲間と出会える

 

 

人生が変わる理由@) 自分の個性(性格)が明確になる

セラピーは、スポーツに似ています。

 

たとえば

速いボールの投げ方。

 

ある程度、共通する型はあるもの。

しかし一人ひとりの能力を

最大限に引き出すような投げ方は

個々違うはず。

 

身長・骨格・筋肉の付き方など

体つきが、皆違うからです。

 

セラピーも同じ。P.png

 

過去、心理や自己啓発に関する本を読んでも

問題を解決できなかった経験はありませんか?

 

全ての人に共通する『原理原則』は、確かにあります。

 

しかし、マニュアル通りに上手くいかないのが実際。

 

あらゆる場面に対処するには

『原理原則』も重要ですが、それだけでは足らないのです。

 

スポーツも、セラピーも行うのは『人』

 

『人』は皆、個性が違います。

 

体格だけでなく

考え方も感じ方も、人それぞれ。

 

個性の違いを認識せずして

各自の能力を最大限に引き出すことは出来ません。

 

セルフケア講座ライトでは

セラピーの知識を理解し、スキルを使いこなすために

参加者の個性(性格)をひも解いていきます。

 

『原理原則』に『自分の個性(性格)』を合せて理解することで

人生を変える力を手に入れることが出来るでしょう。

人生が変わる理由A) 感情のコントロールが上手になる

セルフケア講座ライトでは

数多くのセラピー技法を学んでいただきます。

 

セラピーの現場だけでなく、実生活で使えるということに

とことんこだわってカリキュラムを作成しています。

 

講座内では、それぞれのスキルの共通点や違いを解説し

多くの技法を使いこなせるよう技術サポートしていきます。

 k.png

また、受講生同士でたくさん演習していただきますが

目的は2つあります。

 

一つは、セラピーの技法によって

実際に他者を癒し、他者からも癒されること。

 

これは『感情のコントロール法』を

〈理論〉からだけでなく、〈体験〉からも学習することが目的です。

 

もう一つは、数多く演習することで

〈知っている〉から〈出来る〉にすること。

 

〈理論〉と〈体験〉が合わさることで

セラピーの技法への〈信頼〉が生まれます。

さらに〈演習〉を積み重ねていくことで

技術が自分のものとなってゆくでしょう。

 

〈理論〉×〈体験〉×〈信頼〉×〈演習〉

 

4つの項目が掛け合わせることで

心の専門家になることが出来るのです。

人生が変わる理由B) 理解し合える仲間と出会える

人は人の中でこそ癒されます。

 

ここは、普段の生活では出会うことの

2015 1 23 A.png


人の痛みがわかる人たちの集まりです。ない

 

安心して自分≠ナいることが出来るでしょう。

 

また本気で人生を変えたい人の集まりでもあります。

 

お互いに刺激し合い、

お互いに成長できる仲間との出会いをぜひ期待して下さい。

 

信頼関係の生まれる講座の中で

生涯の友を得る人も少なくありません。

セルフケア講座ライト≪理念≫

セラピーで最も重要な概念は、

『死生観』ではないかと考えます。

 

死≠ニは、産声をあげたならば

必ず経験しなければならないもの。

 

これは絶対宿命。

 

「どうせ死んでしまうのだから・・・」と

悲観的に死≠捉えるのが『死生観』ではありません。

誰もが、いずれは経験するごく自然なもの。

 

人生の時間は無限ではなく、有限であるということを受け入れる

これが『死生観』の第一ステップ。

 

そして限りある人生の時間を

最大納得するカタチ≠ナ重ねていく

これが第二ステップとなります。

 

ポイントは、

自分自身が納得するかどうか

 

他ではない、自分の人生だからです。

 

 1秒を60個集めれば、1分。

 1分を60個集めれば、1時間。

 1時間を24個集めれば、1日。

 1日を7個集めれば、1週間。

 1週間を4個集めれば、1ヶ月に。

 1ヶ月を12個集めれば、1年。

 1年を10個集めれば、10年。

 10年を10個集めれば、100年。つまり一生。

 image3048.png

つまり、人生とは1分1秒の積み重ね。

 

一瞬一瞬を納得して過ごし、そしてその状態を継続できれば

人生のフィナーレ≠迎える時に

「いい人生だった」と、満足できるのではないでしょうか。

 

 

  なぜ、今この状況があるのか?

 

  なぜ、体の不調があるのか?

 

  なぜ、心の葛藤があるのか?

 

  なぜ、この両親のもとに生まれてきたのか?

 

 

全てには意味があります。

 

 

 『人生脚本』によって、目の前にある現実の意味≠解き明かし

理解し受け入れていくことで、人生を真に生きる≠アとが出来るでしょう。

 

  

 

 

 

 hajimete.png